役割分担されている仕事内容

ドラッグストアの仕事といえば薬の販売が多いイメージがありますが、薬剤師や薬の登録販売者が医薬品の管理を行っているので、バイトが取り扱う商品は日用品が大半です。女性向けのコスメから日用雑貨、食料品に至るまでディスカウント店に匹敵する品数が揃っている店舗が多く、社員の指示を受けて常時補充や棚替えを実施する必要があります。

開店前から入店する際には、特売品の棚積みを行うことになります。商品が入荷すれば搬入作業も入るので、外から見るよりも力仕事が多いことに驚くでしょう。女性の場合には、コスメ商品の案内をお客様から問われることも多いので、商品知識を備えておくと慌てずに済みます。

ドラッグストアではバイトでも社内割引制度が利用出来る店舗が多く、商品知識を増やすために試供品を貰って試すことも可能です。日常生活に必要な品物の多くが手に入るので、社内割引制度を使えば生活費を切り詰めることが出来るので助かります。

バイトを行うドラッグストアをどこの店舗にするか悩んでいる場合には、薬剤師がいる店舗は第一類医薬品販売を行っているので、薬剤師不在時には販売出来ない薬があります。薬剤師不在時の対応が発生することを避けたい場合には、第二類と第三類医薬品のみ扱っている、最初から薬剤師が在籍していない店舗を選ぶと良いでしょう。

また、登録販売者の資格を取得しておけば、他の業種の仕事を行う際にも生きてくるので、商品知識を深めつつ資格取得を狙うと良いです。